須坂の町の雛祭り

今年も長野県須坂市では、
3月3日より「信州須坂の町の雛祭り」を行います。


今年は、祭り開幕に先駆けて、「ピンバッチ」の販売を始めました。
縦3センチ、横4センチほどのピンバッチです。

このピンバッチは市観光協会、市内各博物館などで販売しているそうですが、
僕は、中町の「綿幸」さんで購入。

☆呉服 綿幸
http://www.watako.com/

もともと宮中行事だった「雛祭り」が一般庶民に広がったのは、明治になってからのこと。
ちょうどその頃、須坂市は製糸業で繁栄をみせていました。

製糸業によって、富を手にいれた須坂の製糸業者や商人達は、
豪華で贅をつくした「雛人形」を作ったのです。

須坂市内には、今もそれらが数多く残されています。
祭りの期間中、市内約130箇所でそれらを展示しているので、見てまわることができるのです。

このピンバッチを購入した「綿幸」さんにも、歴史を感じる雛人形が飾られていました。たぶんこのピンバッチのモデルの人形ではないかと・・・。
とても良い顔をした人形でしたよ。


祭りの詳細や市内雛マップはこちら。

http://www.suzaka-kankokyokai.jp/hinamaturi.php


日本最大級をうたった、「30段ひな飾り」
100本ものつるし雛。
色々、興味深々。
今年はいくつの雛人形を見れるかな?楽しみです。

皆様も是非この機会に、須坂で贅を尽くした豪華な雛人形を見てまわっては如何ですか?

取材日:2007/03/02
更新日:2020/02/26

探検隊スペシャルに関連する記事