亀倉

村石の庚申塔

須坂の歴史、伝承
歴史文化財
石神・石仏

石祠の裏に「享保七年壬寅八月日」とあり、側面には「右須坂 左善光寺」と刻まれています。

この場所は「大笹街道」と「善光寺道」の分岐点で、享保7年頃に関東方面から大笹街道を経て善光寺への参詣者が多くなったことから、道標として建てられたものと創造されます。
享保7年は「村石村」開村60年の年にもあたるのですよ。

参詣者には嬉しい道標ですね。

先に書いた「地蔵堂」の中には5体の地蔵が安置されています。

亀倉神社

神社

クマスギ

自然文化財

万竜寺の寺伝では米子の竹前某という人が伊勢参宮と熊野参詣の折に3本の杉の苗を持ち帰り、その内の2本を万竜寺の門脇に植えたのだと伝えられているのだとか。

本当は同じ巨木が2本あったそうです

帰命山 萬竜寺

寺院・お堂

上信国境の四阿山<あずまややま>と根子岳<根子岳>西方は深い谷をつくっていて、その谷を削って急流が何本かに分かれ流れています。
それが米子川<よなこ>、宇原川、仙仁川<せに>などです。