坂田

坂田神社

神社

坂田神社は通称「狐宮」と呼ばれるのも「稲荷社」が境内社として祀られているからなのだそうですよ。

なんだか沢山の神様が祀られている神社なのですね。<

坂田浄水場

須坂の歴史、伝承

須坂市を流れる米子川、百々川、松川などの河川の源には硫黄鉱床があり、その水質は強い酸性を示します。こういった川は「酸川<スカワ>」と呼ばれていて、これほど酸川が集中している地域は全国的にも例を見ないのだそうです。

明治初期まで町の中央を流れていた百々川の水は「裏側用水」によって町内のいたるところに行きわたって、飲料水や製糸用水に使われました。

三原道の元標

須坂の道標

須坂市街より国道406号を仁礼、豊丘方面に行く途中、左側に小さな石でできた「元標」があります。

これは「三原道<ミハラドウ>の元標」と呼ばれ、「中町の辻」より伸びた大笹街道である仁礼道から北上州へ向かう「三原道」が分岐する地点を示し、昔の通行者の「道しるべ」に使われたものです。


正面に「右

吉向焼 窯跡

歴史文化財

風景がよく、松の翠と紅葉が美しいいので「紅翠軒<コウスイケン>」と名づけ、焼けた焼き物は「吉向焼」といわれました。