須坂市の文化財

沼目・ 神社

田中宮神社

須坂市西町に「田中宮神社」があります。 このあたりは通称三本松と呼ばれているそうで、神社といっても灯籠と石祠だけが置かれた簡素なものとなっています。

・ 須坂の町並み・建築物について・歴史文化財

ぼた餅石積み

ぼた石積みとは、北信濃地域に多く見られる建物の基礎部分の石積みのことをいいます。自然石ならではの表面の丸みを活かし、蟻の通る隙間も無いくらいに削り、積み上げていきます。

須坂・ 石碑・文学碑

福島正則公遺蹟碑

福島正則が須坂で暮らしたことはなかなか知られていません。寿泉院の山門は福島正則が高山村の陣屋に移る際に寄付したものなのだそうですよ。

福島正則は治水に力を入れ、高井地方の土地を検地し、小布施の栗林を拡張し、松川

八町・ 石神・石仏・須坂の歴史、伝承

秋葉大権現碑

この碑は総高が3.5mにもなる大きな石碑で地域では「秋葉さん」と呼ばれ親しまれているそうです。

須坂・ 寺院・お堂

北向観音堂

インドで作られたこの仏像は、中国、朝鮮へと移り、「文禄の役(1592)」で朝鮮に出兵していた宇喜多秀家が国王から譲り受けて持ち帰り、豊臣秀吉に献上したのです。
秀吉はこの仏像を大阪城に祀ったところ、度々の災厄から免れることができたため、厄除け観音といわれ、「豊太閤護持仏」とも呼ばれたそうです。
初代須坂藩主 堀直重の父方は尾張国(愛知県)中島郡奥田の出身で豊臣秀吉に使えていました。しかし直重は「大阪冬の陣・夏の陣」で徳川家の証人(人質)として徳川側に使え、そこで手柄を立てたことで徳川秀忠よりこの観音像を賜ったのです。

以上で

須坂・ 寺院・お堂・須坂の歴史、伝承

太子堂

太子堂は、全国各地にありますが、須坂の太子堂はいつ頃から祀られ、現在のお堂がいつ建立したのかさえも確たる資料が残されていないのわかりません。

現在に残された数少ない資料を調べてみると、
元々「太子町」の地名は「太子堂」→「太子堂町」→「太子町」と時代と共に変わってきたのだそうで、

小河原・ 寺院・お堂

六角堂

須坂市の「六角堂」は、
八幡長者といわれる郷士の屋敷の鬼門除けとして建てられたと伝えられています。

須坂・ 歴史的建造物・須坂の歴史、伝承・須坂の町並み

ふれあいの館しらふじ

この建物は江戸時代に須坂藩の要職を務めた浦野家が須坂藩邸の西隅を固めるように建てた建物で、明治初期に新築された3階建ての土蔵と大壁造りの長屋門が残っています。
以前は門の右側に3階建ての物見櫓があり、氷水屋が営まれた時代もあったそうですが、昭和40年に壊し改築されたそうです。

亀倉・ 自然文化財

クマスギ

万竜寺の寺伝では米子の竹前某という人が伊勢参宮と熊野参詣の折に3本の杉の苗を持ち帰り、その内の2本を万竜寺の門脇に植えたのだと伝えられているのだとか。

本当は同じ巨木が2本あったそうです

坂田・ 歴史文化財

吉向焼 窯跡

風景がよく、松の翠と紅葉が美しいいので「紅翠軒<コウスイケン>」と名づけ、焼けた焼き物は「吉向焼」といわれました。

亀倉・ 寺院・お堂

帰命山 萬竜寺

上信国境の四阿山<あずまややま>と根子岳<根子岳>西方は深い谷をつくっていて、その谷を削って急流が何本かに分かれ流れています。
それが米子川<よなこ>、宇原川、仙仁川<せに>などです。

須坂・ 須坂の町並み・歴史文化財

時を告げる鐘